スポンサード リンク

推奨神社で邪気を祓う

神社に参拝することで妨害している他者の邪念(これを生霊ともいいます。)や邪気をクリーニングし、気力や運気を向上させることができます。天佑神助とは、恩赦や特赦にあたるものであり、前世のカルマでなかなか開かない道でも開くように後押しをして試練を乗り越えさせて下さるものです。試練が抹消されはしませんが乗り越える気力や人の縁や知恵が授かるのです。これが「信仰の徳」というものです。ただし、パワースポットは使い方を誤ると弊害もあります。特に熱心に崇敬するために定期的に参拝に足を運ぶ場合、邪気汚染のない正常な所を選ぶことが最重要です。氏神とか土地神とか、あるいは産土神社といった概念は今の時代においては、きっぱりと捨てて、考え方を変えていく必要があります。産土神社でも邪気汚染がひどいところに詣でれば、マイナスのパワーを受けるだけであり、かえって良くない結果になります。そこでお勧めしたいのが推奨神社です。

 

パワースポットで開運する理由

ものごとが成就するには、成就するまでの継続がもっとも大事になりますが、その「継続」ができるのは確信が支えているからです。その確信は、自分に言い聞かせたり、イメージングを用いたりして育てますが、もう一つ、忘れがちなのが、「パワースポット活用法」です。ただし、こうした心願成就はやり方があります。まず、参拝は必ずご祈祷「心願成就」を申し込むこと。(おおむね五千円ぐらいで申し込めます)また、その心願が成就するまで毎月一度、必ずご祈祷にいくことです。祈ることは、確信を強める作業でもありますが、それ以上に、天佑神助を得る道です。正しい志でありそれが世のためになることであれば、加護が得られるため、なかなか開かなかった道が霧が晴れたように開いていきます。もちろん毎日の生活の中でも祈りが大切です。魂のガイドである守護霊に、立志発願の祈りを行うことで、加護を願うのです。このような他力と、現実の努力にあたる自力が、うまく組みあわさると奇跡がおこるのです。成功者の多くはみなこの方法を活用しています

日本文化と神道記事一覧

江戸時代から明治時代にかけて、日本を訪れた外国人の証言を調べてみると、日本人の当時の文化や暮らしがよくわかります。昔のことを知るうえで難しいことは、一般庶民の暮らしを知ることだといわれています。歴史記録は、珍しい物を記録することが主体で、その当時、当たり前であったことが書かれることは少ないというのです。日本人の記録では、日本人の庶民の様子は把握しきれないということです。ところが、外国人は、この日本...

むかし、ある人が総理大臣だったとき、「日本は神の国」と発言したことが問題となり、それがテレビで盛んにたたかれたことがありました。石川県の国会議員で、その選挙区には、白山ひめ神社もあります。そういった風土、文化で生きてきた人が、「日本は神の国」と言われたことはごく自然なことであったのでしょう。長い文脈の中で出てきた短い語句を拾い上げて都合よくキャンペーンするマスコミは、この当時からこうして日本文化を...

高い波動に触れていると自分も高められるという現象があります。人間同士でも秘書として政治家に学ぶ内に自分が政治家になってデビューしたり、芸人の付き人をしているうちに自分がデビューしたりします。とても優秀な友人と深く交際するうちに自分も感化されて、引き上げられていることがあります。一の宮参拝が安全性が高いのは、そういう効果があるからです。というのは、動物霊をおかげ信仰すれば、その悪影響は霊流を受けるこ...

国難を救う神としての宇佐神宮の歴史は大変古く、宇佐神宮は、皇室第二の宗廟とされます。かつて、日蓮上人は、伊勢で、「我、国難を救う柱とならん」と、発願しました。神様に、仏教の日蓮上人が、祈ったのです。「我、国難を救う柱とならん」と。その当時は、鎌倉時代。元寇があった時代です。大陸から元軍が侵攻してきました。日蓮上人は伊勢の神や宇佐八幡宮の神に祈りながら、祈願札を製作し、これを博多湾から海に流しました...

保守という言葉があります。これは良き伝統や文化、慣習を維持して守っていこうという思想です。改めるべきは改めるが、守るべきは守る。その見極めは、あくまでも伝統に立脚したものでなければならない。保守には、長い歴史を生き抜いて継続してきたものには、深い祖先の英知が秘められていると認識します。現代人の浅はかな知恵では計り知れないものがあるはずであると考えます。それゆえに、安易に古い慣習や伝統を破棄しません...

【質問】パワースポットとして伊勢神宮が有名ですが、皇室の祖先をお祭りしているそうですね。私には天皇という存在がよくわかりません。天皇とは何なのでしょうか?【回答】日本のオリジナルカレンダー「皇紀」で2022年は2682年です。奈良の橿原という地で、初代、神武天皇がはじめて「すみらみこと(天皇)」の位について、建国の詔を出されたのが皇紀の始まりです。現在の建国記念日はこの即位の日を記念しています。こ...

移民を受け入れるか否かの論争になると、移民を受け入れる立場の人は必ず人類愛、人道主義、博愛精神を旗印にして移民受け入れが文明国の義務であると主張します。このような議論で大事なことは、言葉の定義です。もし、博愛精神や人道主義をいうなら、難民と移民の区別ぐらいはつけておく必要があります。難民、特に政治難民は政治上の苦難の結果、母国から出てくる難民であり、こうした難民は、世界が援助するべき対象であること...


スポンサード リンク

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

TOPへ