スポンサード リンク

お告げ依存者は地獄界へ落とされるリスク大

本当の守護霊や神社の神様が教えてくださる場合はすべて自然な形で教えます。エジソンのいう「99パーセントの汗と1パーセントのヒラメキ」です。なぜなら、お告げや霊視などで行うと、最初は良くても、必ずそのうちに魔が入るからです。神様だと思っていても、知らず知らずに邪霊に入れ替わっているのです。人間本来の道から外れた透視などの能力を使って便利にことをなそうとするのは、「怠り心」であり地獄への道なのです。実際、霊能者やチャネラーは死後、ほとんどが地獄におちているとのことです。新興宗教の教祖になっている霊能力者もほとんどはこうなることでしょう。その理由は、人としての魂を磨く道から外れたからです。この世に生まれたら、この世の法則のもとで努力して、試行錯誤する中で学び、成長して、魂を磨くべきなのに、霊視、霊聴などの力で怠り心を助長させて生きた罪です。

本物であれば、学問、芸術、社会性が

霊能力という要素を除いても、人様から認められるだけの人間力を持っているはずです。自分は実業で生計を立てて、霊能力で飯を食おうとはしないはずです。そんな教祖が今の時代に、ほとんど皆無であることは明らかでしょう。

 


スポンサード リンク

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

TOPへ