スポンサード リンク

ほとんどの新興宗教は古典の焼き直し

新興宗教や霊能力者のファン倶楽部のような会で、
どんなことを教えているかといえば、


そこで教えられる内容のほとんどは、仏教や儒教、キリスト教などの
古典的宗教の経典から拝借してきた類似の内容です。


仏教であれば、原始仏典、阿含経、維摩経、法華経、法句経などの
抜粋であり、儒教であれば、論語、孟子、大学、中庸、詩経などの抜粋です。


その他、老子、荘子、菜根譚、六祖壇経、無門関、臨済録など。
キリスト教であれば、マルクス・アウレリウスの自省録など。


また霊的な知識であれば、古典的な書が原典に使われています。
スウェデンボルグ、シルバーバーチ、エドガーケイシー、A. ファーニスなど。


想念や引き寄せ系では、クリスチャンサイエンス、
ジョセフ・マーフィやナポレオン・ヒルやロバート・シュラーなどの焼き回しに過ぎません。


ようするに、ほとんど底は知れているのです。
その意味においても、何の独自性もないところがほとんどだと考えてよいのです。
これらの原典を自分で読み、学べばそれで十分です。


そのうえ、新興宗教もスピリチュアルカウンセラーの会も結局はお金を集めて、
神殿をつくったり、布教活動したり、本質的な霊性を磨く道から次第に外れて、
この世の権力やお金を組織として追求しはじめていくのです。


新興宗教の信者に、うつ病や精神疾患が意外なほどに多いのも、
こうした矛盾の現れであると考えてよいでしょう。


少なくとも周囲に、うつ病や精神疾患の人が大勢いて、少しも改善して
いないような宗教からは、脱会するほうがよいのです。
それは「カルト」である可能性が高いからです。


 

カルトとスピリチュアル記事一覧

本当の守護霊や神社の神様が教えてくださる場合はすべて自然な形で教えます。エジソンのいう「99パーセントの汗と1パーセントのヒラメキ」です。なぜなら、お告げや霊視などで行うと、最初は良くても、必ずそのうちに魔が入るからです。神様だと思っていても、知らず知らずに邪霊に入れ替わっているのです。人間本来の道から外れた透視などの能力を使って便利にことをなそうとするのは、「怠り心」であり地獄への道なのです。実...

邪霊とか悪霊とか邪気とはなんでしょうか。それはマイナスのエネルギーの塊です。霊的に分析すれば、それはマイナスの思考と感情の塊となった霊的エネルギーです。要するに邪気とは霊的障害です。これに負けない、つかれない方法とは、自分の心の状態をこうしたものと同調しないものにすればよいのです。まず、強い意志をもって行動していくことが第一です。これには人生の目標、今年の目標、今週の目標、今日のやること、と、しっ...

新興宗教もそこで宗教の礼節を学び、神学び仏学びをしている、「一つの勉強の段階」としては意義があります。しかし、それは霊的な世界への入門でしかなく、いつまでもそこにいるべきではありません。穏和な宗教もありますが、中にはカルト的であり、日本の国土に住みながら、伊勢神宮など国土の神霊にも参拝できないという弊害さえもたらし、社会との葛藤を生んでいます。鎌倉仏教の開祖の一人、日蓮は、その伊勢神宮にて「我、国...

第一のチャクラは、集団の力、第二のチャクラは、人間関係の力、第三のチャクラは、内面の力、第四のチャクラは感情のチャクラ、第五のチャクラは意志の力、第六のチャクラは、理性の力、第七のチャクラは霊性とのつながり。このように定義したのは、キャロライン・メイス女史ですが、これは、肉体へのチャクラの影響以上に重要な要素です。私達の霊性の発達はチャクラの活性化と連動しています。チャクラを開くといいますが、霊性...

失調型パーソナリティ障害は、特殊な能力者に多いとされています。失調型パーソナリティ障害は、霊能力者や占い師にしばしばみられる人格障害のタイプであると考えられているのです。多くの人格障害は、生育環境にその原因があり、親からの虐待や圧力、支配、否定的な言動による不安感の増大などにより、人格の発達に歪みが生じておこります。発達障害があるために、対人関係が円満にできずに、そのストレスが、ひきがねとなり、人...

ルドルフ・シュタイナーは、人間の五感では、物事の表面しかとらえられないとし、五感を超えた高次感覚を引き出すことを重視しました。瞑想や思考の訓練でそれが引き出せるとし、その修行方法を著書で公開しました。シュタイナーは霊媒を使った交霊会などの神秘主義には弊害があるとして、警鐘を鳴らしました。シュタイナーは神智学協会のドイツ支部を任されていましたが、神秘主義を重視した神智学協会と方向性があわず、退会しま...

霊視や予言の正体 霊能者が見ているものとは?中小企業の経営者などで、しばしば霊能者に相談にいく人がいます。女性でも恋愛相談などで利用する場合も多いです。そこで、このような霊能者の実態をお話します。霊がみえる、未来がみえるという能力、この見えるという能力はどこからきているかご存知でしょうか。第六感覚とか、宇宙意識とかアカシックレコードとか、多くの霊能者はもっともらしいことを説明しています。ところが、...

相談者に霊を降ろしてその霊を説得する方法と、霊能力者にかからせる方法があります。そうやって霊を呼び出して、霊的障害を霊の説得や霊のお祓いで処理するのが沖縄や青森などの拝み屋などの霊能力者の生業です。しかし、最大の問題点は、霊を降ろしてもその審神(さにわ)がほとんどできません。霊の言いなりにその話を聞いて慰めたり説得したり、除霊したりします。先祖の成仏していない霊だとか、たたりをしている霊だとか言っ...

スピリチュアルに関心を持つことの弊害について、明確にしてきしている専門書がほとんどないなか、すばり、その危険性と弊害について、指摘しています。精神世界の団体、相談をしているスピリチュアルカウンセラー、霊能者、そこでなされるヒーリングやセッションや接心が本物かニセモノかを判別する一番簡単な方法は、三つあります。第一に、あなたの抱える問題が根本的に解決しているのかどうかです。表面的な解決ではいけません...

占い師やスピリチュアルカウンセラーに何度も何度も通ってそのアドバイスを受けることで安心しようとする人がいます。スウェデンボルグの書やエドガー・ケイシーの本をしっかりと学ぶと、もう、占い師もスピリチュアルカウンセラーも不要になるのです。原理、原則がわかれば、自分の進むべき道は見えてきますし、それを霊能力者や占い師に教えられる必要性もなくなります。ところがそうならないのは、多くの人は学ぶことよりも答え...

守護霊の声が聞こえる状態についてですが、できれば、守護霊には、「声で教えてくれるのは必要最低限度にしてください」と、こちらからお願いしておくほうが良いでしょう。また、守護霊の声が聞こえることは、できるだけ他人にもらさないことです。他人にもらすと魔が入りやすくなります。というか、ほとんど入られます。守護霊の声が聞こえたときも、それをうのみにしないで、自分の学んだ知識や常識をものさしにして、おかしな内...


スポンサード リンク

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

TOPへ