スポンサード リンク

霊界の諸相とその住人たち

丹波哲郎氏などの説によれば守護霊とは守護霊団の代表であり、守護霊団を構成している諸霊もいます。これを背後霊といいます。基本的にこれらは霊界における天国界の住人で、もう輪廻転生をしないことを原則にしている存在です。ただし例外的にこの階層からの生まれ変わりもあります。使命や役割を特別に課せられて降誕するケースです。このほかの善霊として、先祖霊があります。先祖霊とは、死後、次の生まれ変わりまでの数百年を霊界で過ごす者達です。私たち一般人も死後、この存在になる場合がほとんどです。ただし、死後に行く世界は、大きく天国界、中有界、地獄界と三区分され、それがそれぞれに無数といってもよいほどの階層があります。天国界はさらに三区分され、第一天国、第二天国、第三天国となっています。中有界もさらに幾多の階層がありますが、大きく分けて上段、中段、下段とあり、中段のちょうど真ん中より上が、より善と愛と智の勝る世界であり、その真ん中より下が、より悪とエゴと無知の勝る世界となります。

暗い心で地獄に

そして先祖霊のうち、子孫を応援したりするレベルのものはこの真ん中より、上の世界に住んでいるものたちです。真ん中より下は、むしろ供養を受けたい、供養して苦しみから救ってもらいたいとして、子孫とかかわってくるものたちです。暗く、冷たく、重たい心のきわまったものが地獄界、その正反対に明るく、温かく、軽い心のきわまったものが天国界であり、中有界はその中間レベルの意識体の世界です。凡人の多くは中有界にいくことになります。それでも中有界の上段は、天国にまでは及ばぬものの、それなりに楽しく幸せな一種の極楽浄土なので、ここに入るとそれ以上に進化、切磋琢磨できないので、やがて生まれ変わることになります。また真ん中の世界、下段の世界もそれぞれ学びのため、生まれ変わります。地獄の場合はあまりに苦しいので、生まれ変わりを希求しますが、残念ながら順番はなかなか回ってきません。このように善に属する守護霊、背後霊、高級先祖霊は、血脈をたどって子孫を守ります。一方、憑依霊という悪霊も存在します。

暗い想念を誘発する邪霊

この悪霊もまた、膨大な分類があるのですが、大きくわけて、怨念霊、獄界先祖霊、動物霊、生霊、神仏罰霊があります。これらは程度と数の差こそあれ、生きている人間であれば誰にでもついています。しかし守護霊の力が強い人、信仰心厚き人、魂の練磨をしている人には、手出しができません。ここでいう信仰心とは神仏を信じて道を貫く精神のことです。おかげ信仰は含みません。これらの悪霊は、人間に悪想念や性格の悪いほうへの偏りなどを誘発します。守護霊が真善美の方向へ人を導くのと逆作用です。

 


スポンサード リンク

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

TOPへ