スポンサード リンク

植物状態の人の霊的状態はどうなっているか?

植物状態の人の魂は、どうなっているかというと、肉体周辺をうろうろしています。幽体離脱した状態です。しかし、医師がきたり、家族が来ると、ぱっと肉体に戻ります。肉体から出たり、入ったりしながら、肉体に縛り付けられて、あの世には行けていない状態です。昔、土葬が一般的であった時代、魂は地中の肉体が朽ちるまで地上にとどまらねばなりませんでした。肉体とは、そういう働きがあるものです。魂を地上に縛り付けているものです。植物状態の方の場合、しばしば「後に残される家族の気持ちの整理がつくまで」あえて完全に死なないで、その状態を維持していることがあります。幼い子供を残して死ぬ親や、伴侶を残して突然死ぬ事例などで、こういうケースがみられます。残された子供や伴侶に、ある程度の理解、受容ができたら、安心して死んでいくことができるのです。死が消滅でないこと。死後も魂が存続すること、祈ることでいつでも通じ合えること。そして強く望めば、また来世でも夫婦になれること。などを残された家族に知らせることが先決です。その結果、輪廻転生の法則を知ることで、家族の意識が変われば、患者は植物状態から離れ、完全な死により、次の段階へと進めます。

植物人間としてこの世にとどまる意味

認知症で寝たきりの老人や植物状態の人は、周囲の人に何かを学ばせるためにその状態でいることがあります。もちろん、本人の業でその状態になることもあります。本人の魂にとっては、「進化」が足踏みしている状態なので、残念な状態ではありますが、理由があって、その状態でいるのです。金縛りは、脳の機能異常などと、言われたりしますが、それは脳科学の観点から、分析した場合の話です。霊的な角度で、見ていけば、金縛りは、浮遊霊など邪霊の仕業ですので、それを感じたら、すぐに追い払うようにしましょう。不動明王や毘沙門天のマントラを 覚えておき、それを唱えると多くは退散します。寝室に一ノ宮の神様のお札を置いているだけで、出てこなくなる(侵入しなくなる)ことが多いです。

 

幽体離脱した状態記事一覧

チャクラの働きは、七つのチャクラそれぞれが精神活動とも密接に関連しています。身体の上のほうにあるチャクラほど、高い精神活動に関与するといわれています。また、チャクラの暴走が精神異常をおこすともいわれます。チャクラを開こうと、一生懸命になればなるほど、心身はバランスを崩してしまいます。心身のバランスが正しく保たれ、魂が向上していくと、自然にチャクラは開いていきます。このチャクラの暴走と関連している可...


スポンサード リンク

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

TOPへ