スポンサード リンク

悪は栄えるように見えるが必ず滅ぶ

本当に因果応報があるなら、悪事をして栄えている悪人はなんなのか。
こんなふうに思ったことのある人は多いのではないでしょうか。


因果というのは結果となり、報いが来るのに機が熟す必要があります。
その機の一つは生まれ変わりの節目であるし、この世とあの世の移行期です。
生きている時に償えなかったものは来世であがないます。


殺人についていえば、時代によっては戦国時代などのように
生きていくために戦いをさけられない時代もあります。
立場や責任のため、やむをえず殺してしまうケースもあるのです。
そのあがないは、来世で命を奪われる体験となります。


たとえ生きている間に免れていても、
死後の世界と来世では自分の行動の責任から逃れられないのです。


もうひとつは、一生の中でも厄年というのがあります。
厄年というのは因果の帳尻があう天の機です。
厄年で大病を患ったり、試練に会って苦しむのがこれです。


逆に厄年から大開運する人もいます。
これまで苦労を重ねた人などにみられます。厄年は一生に数回あります。


前世を自分で知ることができると、意外な発見があるかもしれません。
それも占いではなく、ヒプノセラピーつまり催眠により、自分の前世を思い出せたとしたら…。


この世で悪が栄える姿を見ると、神も仏もあるものかと言いたくなる人も多いでしょう。
しかし、長い目で観察していると、必ず、悪は滅ぶようになっているのです。
それは人類の歴史が証明しています。


様々な問題を抱えながらも、人類社会が少しずつ、良い方向に変わりつつあるのは
まさに、過去に栄えた様々な悪が滅びさってきたからにほかなりません。


 


スポンサード リンク

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

TOPへ